価格改定および生地ランク変更のお知らせ 詳しく見る >   臨時休業のお知らせ 詳しく見る >

総合TOP オンラインストア 誰かに教えたくなる「ソファの世界」 お役立ちコンテンツ ソファマガジン Vol.161

品質第一!こだわりの素材たち ーバネ編ー

品質第一!こだわりの素材たち ーバネ編ー

ごあいさつ

こだわりの素材たちをお伝えしている連載。
今回は「バネ」についてご紹介いたします。

バネとは一体何なのでしょうか?
ちょっとむずかしい話の前に

第3回でお伝えした全体図から
すこし角度を変えて
木枠にバネを取り付けた状態を
一緒に見てみましょう。

このSの形をした金属がバネです。
こちらの例ですと
ソファの木枠は空洞になっており
その空洞部分が座面となります。
人間の身体で例えるなら
木枠が骨で、バネが筋肉
といったところでしょうか。
このバネの上には補強材、ウレタンが積載されます。

NOYESの工場見学では、バネの上から補強材の布を張った状態で見学される皆様にお座りいただいているのですが、体重をかけてもまったく問題なく、バネの頑丈さを感じていただいています。

さて
ソファの中の、バネがどこにあるかは
おわかりいただけたでしょうか。
それでは、
そろそろ本題に入りましょう。
身体をゆったり、あずけていただける
NOYESソファの構造の真実に迫ります。

いよいよ第4回目となった連載
他の部材と比べると目立たないかもしれませんが
縁の下の力持ち、とはまさに
ソファにおけるバネのことです。
ちょうど良い弾力、
永く座っても疲れない
など、心地よい座り心地を実現するために
欠かせない素材。

安心・安全なソファのため
厳選されたバネを詳しくご紹介いたします。

NOYESで使っているバネの種類 ー NOYESソファの構造 ー

ウェーブセットスプリング(Sバネ)

現在最もポピュラーなスプリングとして活用されているフラットなクッション体です。厚みの少ないモダンなソファに最適で、一般的には「Sバネ」と呼ばれています。

コイルセットスプリング

ヘタリの出ないコイルクッションのことをいいます。 常に内に弾力を秘めて生きているスプリングです。樽型コイルスプリングですので、圧縮時も隣のコイルに触れず音もなく静かで、 個々のコイルが独立した動きをするので、他のコイルに振動が伝わりません。

硬いソファと柔らかいソファバネでわかれる座り心地?!

よい素材のバネを使えば、良いソファになるのかというと、そうではございません。これまでの連載でお伝えして参りました通りソファの座り心地を決めるものには様々な素材がございます。バネはその中でも芯となるものですので、デザイン通りの座り心地を実現するため、NOYESでは様々なしなりのバネを使い分けています。上の写真は、工場にあった種類の違うバネを並べたものです。奥にいくほど、弾力のある硬さになっています。
実際に足で踏んで硬さを確かめたのですが、一番奥のバネは、見た目以上に強く押し返されるような反発力がありました。もちろん、踏んだあとは一瞬で元の形に戻ります。真ん中のバネは受け止める力と反発力が半々という感じで、一番手前はしなりはなく平らな状態となります。

例えば柔らかい座り心地でも、NOYESには弾力のある柔らかさ沈み込むような柔らかさと様々なソファがございます。職人はこれまで培った知識と技術を駆使して、バネをはじめ全ての素材を幾度も組み合わせ、日々新たなソファの開発をしております。

バネの原料・つくりかた ー頑丈さの秘密 ー

スプリングの材料は鋼です。細く長いものを機械に入れ、引っ張りながら伸ばしつつ、S字やコイル状に形成されていきます。鉄よりも硬い鋼ですが、ただ形成しただけでは、手で潰すと半分くらいにつぶれてしまいます。

そこで形成後に行われるのがテンパーと呼ばれる熱処理。280~300度の高温の釜に約15~20分ほど入れることにより反発力が増し、人が座っても大丈夫なほどの丈夫なスプリングになります。
熱処理もただ熱を加えればいいというわけではなく熱しすぎると金属疲労が起こり逆に脆くなってしまいます。切り口が紫~茶色くらいの状態がベスト。白くなってしまうと耐久性に問題がおこってくるため使用することが出来なくなります。
熟練された職人技から安全なバネがつくられております。

安全の生まれる場所 ー見えないところで支えますー

国産バネの実力

様々なソファの修理を行わせていただいていると中にはバネが折れてしまっているソファもございます。すべてとは申しませんが、折れているものは海外製のものが多く、バネが日本の風土にあった金属ではないことから起こってしまう故障と思われます。国産バネを使用するNOYESソファでは、これまでバネが折れたというお声はございません。製作段階での熱の加え方や、仕入れの段階から鉄を吟味していることから、耐久性に自信のあるバネが仕上がっております。

取材先 (株)三崎スプリング製作所 様

いつまでも愛されるソファをみなさまの元へ

連載はお楽しみいただけましたでしょうか。
連載の中でご紹介した素材はすべて
ソファにとって欠かせない存在です。
どれかひとつが欠けても
永く愛されるソファは生まれません。
そして
お座りいただく方の笑顔のため
NOYESは素材の研究をやめることはございません。
これからもさらにご安心して
永くお使いいただけるソファを
お届けし続けられるよう
精一杯努力して参ります。