ソファマガジン

ソファ選びがもっと楽しくなる。

オンラインストア ソファの世界 ソファマガジン 「ソファのウレタンはどれ位でへたるのか」

ソファのウレタンはどれ位でへたるのか?

ソファのウレタン

お客様からよく「ソファってどれ位もちますか?」とご質問をいただきます。この質問の答えは本当に難しいです。使われている環境は、使い方、頻度によって変わるからです。ソファのウレタンはウレタンを粉砕して作られた「チップウレタン」「汎用ウレタン」が主に使われます。ウレタンには比重があり、比重が高いほど一般的には硬くなります。
でも、比重が高いのに「ソフトウレタン」というのもあります。ソファのウレタンである軟質・半硬質スラブウレタンフォームの製造工程は主にウレタン材の原料となる「ポリオール・イソシアネート・発泡剤・難燃剤等」をミキサーに注入してその後加熱炉で固め、最後に裁断を行います。そのひとつひとつの塊はとても大きく、人間と比べると一目瞭然の大きさです。こうしたウレタンの塊はそれぞれの硬さに分類され、それぞれのソファに適した形状に加工して最終的にソファの一部分として活用されます。
あと、ソファのウレタンの種類には「ラバーウレタン」があります。ヨーロッパの高級ソファは「モールドウレタン」がよく使われています。NOYESではDecibel Professionalが「モールドウレタン」を使っています。

ソファのウレタン基礎知識

Decibel Professionalワイド3人掛け両ひじソファ

NOYESでは、ウレタンがどれ位でへたるのかを、試験に出しています。この試験はこんな感じで、特殊な試験場で試験をします。

ソファウレタンの耐久試験

NOYESのウレタン試験基準

座面の耐久性試験
JIS S 1203:1998 7.5(区分3)準用

試験方法

負荷位置決めジグによって決まる座面負荷位置に座面当て板を介し、左右中央3箇所同時に各950Nの力を毎分40サイクルを超えない速さで、50,000回繰り返す。試験の初回及び最終回の当て板の最も低い位置の差も(試験中の座面のたわみ)も記録する。
試験結果異常認めず。

背もたれの耐久試験

JIS S 1203:1998 7.6(区分3)準用

試験方法

後方の脚にストッパーを当て、負荷位置決めジグによって決まる座面負荷位置に左右中央3箇所同時に各950Nの垂直力を加える。負荷位置決めジグによって決まる背もたれ負荷位置、または背もたれ最上部から100mm下の位置のどちらか低い位置に、背もたれ当て板を介し、左右中央3箇所同時に各330Nの力を毎分40サイクルを越えない速さで50,000回繰り返す。
試験結果異常認めず。

一日に15回〜20回の立ち座りを想定すると7年から10年はへたらない

1番へたらないウレタンは「モールドウレタン」です。これは特別な作り方をするウレタンで、鋳造で型を作りそこにウレタンの液を注入して一つずつ、ウレタンを発泡していきます。ウレタンには膜があり「モールドウレタン」はその膜がそのままになっているので座ったときに空気が抜けにくく、ウレタンの気泡がつぶれにくくなっています。新幹線や飛行機などに使われているウレタンが「モールドウレタン」になります。「汎用ウレタン」はカットして作るので、膜が剥がれてしまいます。ウレタンには気泡があるので、その気泡が座るたびに潰れたり戻ったりしていき、次第に戻る力がなくなり、その時はじめて「ヘタリ」を感じます。やわらかいウレタンで比重が低いものはその「ヘタリ」が早くなります。逆にウレタンの比重が高いものは「へたりにくい」となります。

ソファのウレタン材は、密度によって硬さが異なります。密度は1立方メートルの重さによってあらわされ、密度が濃いほど硬く密度が薄いほど柔らかくなりますが、近年では「ソフトウレタン」といって、特殊な工法によって密度を濃くしつつやわらかなウレタンも製造できます。
よく「ソファのウレタン材のヘタリ」について、ソファのウレタン材のヘタリは密度ととても深い関係がございます。ヘタリはソファのウレタンの中にできる「空気の穴」が潰れることによって起きる消耗現象ですが、密度が薄いほどこの「空気の穴」が大きくなり、従って潰れる穴が大きいのでヘタリ率が密度が濃いソファのウレタンよりも大きくなります。
ただし、ヘタリをなくすことはどんなソファのウレタンでも不可能で、密度を上げればヘタらないという事でもございません。ま耐久試験にクリアしたソファのウレタン材は一般家庭において「何年持つ」という明確数値を出すことは残念ながら非常に難しいのが現状ですが、一日に15回〜20回の立ち座りを想定すると7年から10年はへたらないということが言えます。ソファのウレタン材はウレタンメーカーや職人の知識と経験の中で日々開発されています。

まとめ

ウレタンは必ずへたります。へたらないウレタンはないです。「モールドウレタン」もいつかはへたります。ソファは耐久消耗材です。ですが、どれ位ソファを使うのか、どういう環境で使うのか、を考えてソファを購入することをおすすめします。でもやはり高比重のソファはお値段も高くなります。何年使うのか、ここを重視してソファ選びをするといいかもしれません。それを踏まえ店員さんやショップにウレタンの比重や積層を聞きソファのお値段と比較して選ぶといいでしょう。